田中謹也 近視

子供の視力低下。やっぱりメガネしかないのかな。




子供の頃から近視でメガネをかけてきたっていう方、結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。
自分の子供にはそんな思いをさせたくないって思いませんか。

子供さんの視力が急に落ちてメガネしかないってあきらめている方に新しい近視改善トレーニングが公開されています。


1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法〜自宅トレーニングセット 詳細はこちら



指導するのはアイ・トレーニング「視快研」にてインストラクターを務める田中謹也さんです。

田中謹也さんはその指導によりこれまで1000人以上の子供たちの近視改善に成功しており、0.8以上まで回復した成功率は9割以上といいますから実績は十分ですね。

近視改善について覚えておくべき2つのポイントがあります。

1.近視は近くのものを凝視し続けることにより筋肉が収縮して固くなり、
  遠くのものに対する眼のピント調節がうまく働かなくなること。
  ですから遺伝が原因ではありません。

2.近視になってから近くのものを凝視することを制限しても手遅れだということ。


このことは近視の傾向があるとわかった時点で適切なトレーニングを施せばきちんと回復することができるということを示しています。

それじゃぁどうやって近視を改善するんでしょうか。

具体的にはヒモに通した距離の違うビーズを“ ある順番 ”に従って、それぞれ5秒間ずつ見つめるだけの簡単なトレーニングなんだそうですよ。

この方法により両眼を正しく使うことで 距離感を読むことができ、空間距離を正確に把握することができるそうなんです。

そしてこのトレーニングを1日合計13分間行うだけで2ヶ月後には効果がでるそうなんです。




本当に効果があるかどうかは実際にトレーニングを体験した子供たちや親御さんの体験談が参考になると思います。


トレーニングを実践したお子さん、親御さんの声はこちら



無料のメールサポートもありますし、2ヶ月続けても効果がなかった場合の全額返金保証もありますから安心してチャレンジできると思います。


 

サイトマップ

遠藤彰弘
株取引