藤井聡 無駄吠え

いくらしつけに取り組んでも言うこと聞いてくれない。なんでだろう?



  ・よく無駄吠えをする
  ・飼い主の足をあま噛みする
  ・来客やチャイムに吠える
  ・触ろうとすると噛む
  ・くわえたものを離さない


そんな愛犬の悩みを抱えている方って多いんじゃないでしょうか。

いろんな本や情報でしつけをトライしてもなかなかうまくいかないってことを経験されていませんか。

常識とされている方法の間違いを指摘し正しい犬のしつけを指導する新しい指導法が公開されています。


カリスマドッグトレーナー藤井聡が教える犬のしつけ教室 詳細はこちら



作者は多くのメディア出演や犬のしつけに関する著書を上梓しているカリスマ訓練士の藤井聡さんです。
テレビ出演も多いですからご存知の方もいるんじゃないでしょうか。

藤井聡さん自身、犬の訓練士としての実績は折り紙つきです。
そんな方のワンちゃんしつけ法ですから期待度は高いかと・・・

じゃぁ、どうやってしつけるの?

その前にワンちゃんはなぜ飼い主の言うことを聞かなかったり、無駄吠えしたりするんでしょうか。

それはワンちゃんと飼い主さんの間にきちんとした主従関係ができていないからなんだそうです。

犬というのは元来群れで行動するもの。
飼い犬にとっての群れとは飼い主やその家族っていうことになります。

犬強い者には絶対的な服従心を持って従いますが、自分と同等、自分より順位が下の者には従う事はしないんです。

このことをきちんと理解しないで顔や口を舐められるのが犬の愛情表現だと思ったり、家に帰ると飛びついてきて歓迎してくれると思ったりしているのは間違いなんですよ・・・つまりワンちゃんから自分より順位が下と思われているんです。

主従関係なくして信頼関係は築けないってことなんですね。

藤井聡さんはこんな問題行動の改善に次の3つのトレーニングを提唱しています。

【リーダーウォーク】
犬と歩く時に、常に飼い主さんの主導でお散歩するしつけ法。
常に飼い主さんがリーダーであることを愛犬に教えていきます。

【ホールドスティル&マズルコントロール】
ホールドスティルとは、後ろから抱きかかえる姿勢のこと。
愛犬を後ろから抱きかかえることで愛犬は飼い主さんに対して信頼を感じるようになります。
マズルとは鼻面・口吻などのいわゆる鼻口部のことでここを支配することで服従性が高まります。

【タッチング】
タッチングで犬の体のどこをさわっても抵抗しない犬を目指します。

なんとなく納得できるんじゃないでしょうか。

でも効果の程は・・・?
実際にこの方法を実践して効果をあげている方たちの報告をチェックしてみてください。


犬のしつけ3大トレーニングで効果をあげた実例はこちらでチェック



購入後も専用のメンバーサイトでしつけの悩みを共有、相談できますからアフターケアも安心できますよ。

 

サイトマップ

遠藤彰弘坂本七郎田中謹也
株取引